ホーム > 岩手県印刷工業組合とは > 理事長挨拶
 

岩手県印刷工業組合とは

理事長挨拶

 

ご挨拶


理事長 斎藤 誠

 年明け早々、トランプ大統領が就任され新たな大統領令を発令し、オバマ政権とは、大きく違う政策を打ち出しており世界中が困惑しております。また、シリアの空爆・北朝鮮問題などもあり、かってない緊張感に包まれております。
 日本経済も株安・円高傾向になっており、少子・高齢化の加速、消費の低迷などが重なり、引き続き厳しい経済環境にあります。また印刷業界においては、各種媒体の電子化への移行がますます進むなど、昨年以上に厳しい経営環境が予想されます。
 このような環境の中、全印工連も「印刷産業のより一層の存在価値を高める」ための諸事業を推進するとのことであります。
 我々地方の中小の印刷業が生き延びるためには、地域に根ざし地域の特性を活かした新たな取り組みが必要であります。
 岩手県印刷工業組合は、今年度も全印工連との連携を密にし、組合員の皆さんにとって役に立つ情報を提供する事に努めます。

 そのため、今年は、下記の取り組みを推進して行きたいと考えております。

  1. 全日本印刷工業組合 2025 計画の推進と連携
  2. 組合財政基盤の充実(組合員の加入促進と事業収入の増収工夫)
  3. 若手組合員の育成支援
  4. 業態変革を実行するための各種情報提供
  5. 地域社会に貢献できるMUD の啓蒙活動(MUD 委員会)
  6. 組合員同士の情報交換の場の設定
  7. 復興4 事業の継続実施
  8. 東青連岩手大会(岩手県主管)の開催協力

など、
これらの事業推進には、組合員の皆様のご理解とご協力がますます必要になりますので、今年度も宜しくお願い致します。

Copyright (C) Iwate Printing Association